Home  > 取扱いシステム一覧  > WinActor Cast on Call

WinActor Cast on Call
(従量課金制RPAサービス)

従量課金制RPAサービス_WinActor Cast on Call
従量課金制RPAサービス WinActor Cast on Call
定型的な業務を、必要な時に必要な分だけ自動化する従量課金制のクラウド型RPAサービス。
ごく少数の業務を自動化したい方」「低コストでRPAを導入したい方」にぴったりのサービスです。
▼ WinActor Cast on Callの特徴
RPAツール"WinActor"とは?

WinActorとは、2010年にNTTの研究所で産まれた国産のRPAソリューションです。
企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして注目されているRPAツールのひとつであり、
日本企業の業務にマッチした純国産ツールとして、金融業から物流・小売業と幅広い分野の企業約500社に
導入されています。
Excelやブラウザはもちろん、ERPや、ワークフロー、OCRから個別の業務システムまで、
Windows端末から操作可能ならあらゆるアプリケーションの操作手順をシナリオとして学習し、
自動化できることを強みとしている事務用ロボットです。

▼ 自動化開始までの流れ

WinActorの導入事例:商品受注業務の自動入力化

Cast on Callで自社業務に一致するシナリオが見つからない場合は、
業務ソフト工場がお客様の業務にぴったりの自動化シナリオを作成いたします!

※シナリオを提供する側は、公開範囲を限定することが出来るため、特定のお客様のみにシナリオを提供することが可能です。セキュリティ面もご安心ください。
▼ サービス比較

WinActor (定額制) WinActor Cast on Call (従量課金制)
・年間ライセンス料 ¥908,000 費用 ・年会費 ¥12,000
・シナリオ利用に応じた利用料(従量課金
・シナリオの作成/編集可能、実行制限なし シナリオの操作 ・Cast on Call提供シナリオのみ実行可能
WinActor Cast on Callは実行回数に応じた課金方式であるため、予算に合わせた導入が可能です。
例えば、
利用料が1,500円/回のシナリオを毎月5回利用する場合、合計金額は102,000円/年(年会費含む) WinActorフル機能版の年間ライセンス費用と比較すると、ランニングコストを抑えることが出来ます!
※お客様の業務に合わせたシナリオ作成をご注文される場合、別途費用が発生します
通常ライセンスの導入をお考えのお客様、シナリオ作成ご依頼のお客様につきまして、
RPAツールの導入から運用支援までを行なうトータルサポートサービス『はたらきもん』
プロによるシナリオ作成で効果的な自動化支援を行なうサービス『RPAシナリオ作成サービス』
がございます。 詳細は各種ページにてご確認いただき、お気軽にご相談ください。
▼ よくある質問
WinActor Cast on Callにはどのようなシナリオが登録されていますか?
経理関係、労務関係、営業関係、学校法人関係など、利用できるシナリオは様々です。
Cast on Call上にない業務につきましても、業務ソフト工場ではお客様専用のシナリオを提供することが可能です。お気軽にご相談ください。
WinActorを導入検討段階ですが、自動化業務の選定をお願いすることは可能ですか?
可能です。
導入検討段階での、お客様の業務可視化・適用業務の洗い出しも業務ソフト工場では無料でお引き受けいたします。
Cast On Callから通常ライセンス(定額制)に切り替えることは可能でしょうか?
可能です。
Cast on Call上で使用しているシナリオもそのまま使用可能です。