Home  > 取扱いシステム一覧  > システム間データ連携

システム間データ連携

システム間データ連携

企業では様々なデータを取扱います。
給与データ、顧客データ、人事データ、商品データ・・・多くのデータを取り扱い、データを管理するために複数のシステムやアプリケーションを利用している企業も多いでしょう。
様々なシステムが孤立しデータが分散化していることで、

・欲しいデータがどこに何が存在しているのか分からない
・データの形式が異なっていて、データを統合して活用することができない


こんな悩みを抱えていませんか?

業務ソフト工場では、システム間のデータを連携する仕組みを作成いたします。
お客様が使用されているシステムを改修して連携、または、新しく導入されるシステムを既存システムと連携。お客様独自のシステムはもちろん、他社様が作成されたシステムも可能です。

データ連携のメリット

①ミス低減、コスト削減 

システムを跨いだデータの変換や転記作業をシステム化することで、担当者の作業ミス(ヒューマンエラー)を低減できます。
また、データの整理や確認に要する工数を削減できるため、コスト削減に繋がります。

②信頼性の向上 

複数のシステムに同じようなデータが保存されている、本来関連性の高いはずのデータが別々のシステムに保存されている、といった状況では、個々のデータについてのメンテナンス漏れが生じやすく、データの信頼性が損なわれる恐れがあります。
関連性の高いデータは一元的に管理し、周辺システムとはデータ連携を行なうことで信頼性の向上に繋がります。

③保守性の向上 

信頼性の向上と同様の理由で、データを一元管理することでデータの保守性が向上します。

データ連携方法

システム間データ連携の方法は、いくつかのケースに応じて異なります。

ケース1.連携したいシステムにファイル入力/出力機能がある場合 

出力側システムから出力したファイル(Excel、CSVなど)を入力側システムのファイル形式に合わせて変換する仕組み(フォーマット変換ツールなど)をご提案いたします。


ケース2.連携したいシステムにファイル入力/出力機能がないが、
システム自体の改修が可能な場合 

連携したいシステムが弊社で改修可能な場合は、データ連携機能を追加できる可能性があります。
データ入力/出力機能を追加する方法やシステム間でデータベースを介した連携もご提案可能です。(※)

(※)以下のソフトウェア(システム)は弊社での改修対象外となります。
・パッケージソフト
・ソースファイルのないソフトウェア
・お客様が著作権をお持ちでないソフトウェア
・その他、技術的な理由により弊社が困難と判断したソフトウェア

ケース3.連携したいシステムにファイル入力/出力機能がなく、
システム自体の改修も不可能な場合 

上記のケースに当てはまらないケースにつきましても、RPA(ソフトウェアロボット)を使用して人間が行なう作業を自動化することで効率のよいデータ移行が提案できる場合がございます。

RPAの導入は『はたらきもん』にお任せ!

データ連携事例

●お客様の悩み
毎月月末に、社員に1ヶ月の勤怠を入力したExcelシートを提出してもらっていましたが、
一人ひとりのExcelを確認する手間や社員からの提出遅れ、記入された勤怠数値が間違っているなどの問題点がいくつもあり、給与の計算にかなり時間がかかってしまっています。
●お客様の要望
効率化のために勤怠管理アプリを導入するので、導入した勤怠管理アプリと自社の給与計算システム(フルスクラッチシステム)を連携してほしい
●ソリューション

勤怠管理アプリと給与計算システムを連携させたことにより、
これまで手入力で行なっていた作業が、データのインポートで一括入力可能に!

【作業内容】
①勤怠管理アプリから出力できる勤怠データの形式と内容を確認
②給与計算システムの給与データベース構造を確認し、勤怠データとの対応付けを調査・設計
③実際に就業した時間に合わせた給与の計算ができるよう調整

システム間データ連携事例

業務ソフト工場では、
お客様の業務に沿った最適なソリューションをご提案いたします。
「システムでこんなことをしたいけど技術がない・・・」
そんなお困りの時は業務ソフト工場にご相談ください!