システム連携

知らないと損!?システム連携の
3つのメリット

企業では様々なデータを取扱います。
給与データ、顧客データ、人事データ、商品データ・・・多くのデータを取り扱い、データを管理するために複数のシステムや
アプリケーションを利用している企業も多いでしょう。様々なシステムが孤立しデータが分散化していることで、
欲しいデータがどこに存在しているのか分からない
データの形式が異なっていて、データを統合して活用することができない
といった状況に陥りがちです。
複数のシステムやアプリケーションに分散されていると、経路が複雑になって正確なデータの把握が難しくなります。
なにより、データは集計し、分析してこそ価値が発揮されるため、このような状況ではデータの活用はできません。
そこで、連携するメリットはなにか、分散配置されたシステムを連携管理することで何が実現できるのかをご紹介します。

メリット① 
正確な情報管理でコスト削減

分散されたシステムから手作業でデータを収集すると、データの変換や転記作業において担当者の作業ミス(ヒューマンエラー)が発生する可能性がとても高くなります。
また、システム間の連携がされていないために欲しいデータを探すのに時間がかかる、システムから出力される形式が入力したいシステムの形式と違うためデータの形式を変換させる手間がかかる、など時間的コストもかかります。
システムを連携管理することで時間的コストを削減、ヒューマンエラーをなくすことで情報の品質の向上を実現することが可能です。

メリット② 
リアルタイムなデータ共有で情報の信頼性向上

業務で参照するデータは、全て最新である必要が有ります。
複数のシステムに同じようなデータが保存されている、本来関連性の高いはずのデータが別々のシステムに保存されている、 といった状況では、個々のデータについてのメンテナンス漏れが生じやすく、古いデータを元に誤った判断をしてしまう危険があります。
システムを連携し、関連性の高いデータを一元的に管理することで、最新データのリアルタイムな共有が容易になり、情報の信頼性の向上に繋がります。

メリット③ 
データの一元管理で保守性が向上

データを一元管理していることで、バックアップの取得や、損なわれたデータの復元にかかる手間を、最小限に抑えることができます。システムトラブルが発生した際も、速やかにデータを復旧することができるため、迅速に業務を再開することが可能になります。
また、重要なデータが一元管理されていることで、セキュリティを強化すべきポイントを絞り込むことができるので、保守コストの削減にも繋がります。

システム連携とは

システム連携でできること

  • 複数のシステムに分散されているデータを連携し一元管理することで、
    バラバラに管理されていたことで起こる情報の遺失・更新漏れの防止
    システム間の連携により、人の手で行われていたデータ引き渡しが必要なくなり業務効率化が実現
    データの連携により柔軟な情報収集と分析が可能になり、経営状況がよりクリアに視覚化
システム連携ツール

“やりたいこと”に合った
連携方法を選ぶ

システムの連携方法は様々です。データベース連携、API連携、FTP連携、ファイル連携などなど、やり方は多くあり、大切なのはお客様の“やりたいこと”に適した連携方法を選ぶことです。
例として、API連携とはどんなものか、どういった課題に適した連携方法なのかをご紹介します。

API連携とは?

APIとはアプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、アプリケーションやソフトウェア、システムなどが、他のシステムに対し、機能や情報をを共有できるようにすることを指します。
簡単に説明しますと、社内システムにAPIという外部とやりとりをする窓口を設置し、外部システムと連携や共有ができる状態にする、ということです。
つまり、API連携は「APIを活用したシステム同士の連携」ということになります。

API連携の説明

API連携でなにができる?

APIを活用することで、情報の共有などがスムーズになります。最もわかりやすい例としては、SNS認証などが挙げられます。
webコンテンツにログインする際に、登録したパスワードやIDを入力する項目の他にTwitterやFacebookでログインという項目を見たことはないでしょうか?これはAPIを利用し、SNSのアカウント情報を認証することでログインが可能になっているのです。
異なるシステム間で認証機能を共有する、商品データベースとウェブ上の商品紹介コンテンツを連動する、各システムから数値データを取り込みデータを解析する、などといったことが可能です。

API連携に適した課題

基幹システムへの商品管理システムからの仕入・販売データ更新をリアルタイムに行いたい
webサイトに登録された顧客情報を、csvなどで出力させずに直接基幹システムにデータを投入したい
会計ツールと請求書発行ツールを連携させて、会計データから自動で請求書が発行されるようにしたい

API連携の紹介をさせていただきました。
上記に記載させていただいた課題は、必ずしもAPI連携が最適ということはありません。お客様の環境に合わせた連携方法を選んでいただくことが重要となります。
ですが、自社の環境・システムの仕様に合った連携方法がなにか?というのは判断が難しいと思います。
業務ソフト工場は、ヒアリングから現地調査、課題解決策のご提案まで無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

システム連携の可能性

システム連携による改善例

課題

毎月末に社員に1ヶ月の勤怠を入力したExcelシートを提出してもらっていたが、
一人ひとりのExcelを確認する手間や社員からの提出遅れ、記入された勤怠数値が間違っているなどの問題点がいくつもあり、給与の計算に時間がかかってしまっている。

課題解決

勤怠管理アプリを導入し、既存の給与計算システムと連携させたことにより、これまで手入力で行なっていた作業が、データのインポートで一括入力可能に!

導入効果


各自提出する必要がなくなったため、集計する手間がゼロに
勤怠数値の入力ミスや転記ミスがなくなり、修正にかかっていた時間を大幅削減
就業後に行っていた勤怠シートの入力作業が必要なくなったため社員満足度アップ

導入までの5つのステップ

STEP1

お問い合わせ

まずは、ご相談内容やご検討されている内容を、
お気軽にお問い合わせフォームまたはお電話(052-678-2871)にてお問い合わせ下さい。

STEP2

課題の明確化

無料で現地調査、ヒアリング、お打ち合わせをさせていただきます。
お客様の業務内容や問題点、課題の把握を行います。

STEP3

ご提案、ご契約

ヒアリング内容を分析後、環境に合わせた実現方法のご提案をいたします。
提案内容とお見積りに問題がないようでしたら、契約締結させて頂きます。

STEP4

連携環境の構築

ご提案内容に基づいた連携環境を構築いたします。
VPNなどを利用する場合、お客様作業が発生することもあります。

STEP5

システムの連携
運用開始

環境が作成されたら運用開始となります。
運用開始後も安心してお使い頂けるよう、保守サポートもご用意しております。また、実際にお使いになって、追加仕様のご要望または仕様の変更がございましたら、別途、ご相談をお受けしております。

業務ソフト工場は、お客様の「やりたい」に、確かな技術で応えます。
《 何度でも相談無料 》お気軽にご相談ください。

代表電話 052-678-2871

月曜~金曜 9:00~17:30(土日祝除く)